ベトナム自己実現DreamComeTrue 

ベトナム人材専門家が勧めるベトナムパワーの活用・人材の相談のことなら

ピンチがチャンス!本当のマーケットはピンチの時しかわからない

f:id:eternalmarriage:20200108085242j:image
昨年のベトナム渡航して面接したエンジニアはまさかの全キャンセルになってしまいました。


契約はいかなる場合でも順を追ってやらなければいけないと身にしみました。

 

ベトナム自己実現MASAです

 

毎年年末年始はベトナムで過ごしているので、今年もどっぷりと滞在していました。

ベトナム事業のビジネスパートナー達と遠出を、したり飯食ったりと四六時中行動を共にしながら過ごしていました。

 

その間新しいアイディアや取り組みの話をしながら、これはかなりワクワクしながらの滞在でした。


f:id:eternalmarriage:20200108092300j:image

なぜ、そんなにベトナムに行っているのか?と言うと。

 

日本に居ては思いつかないアイディアが浮かんで来るからです。

 

別にこれはベトナムじゃないといけないのか?とそうではないかもしれません。

 

でも、自分にとってはこの国自体がパワースポットとなり、脳が回転し始めるんです。


f:id:eternalmarriage:20200108092329j:image

これは誰しも地の力を得ることで、日本にいては発揮できないものがあると思うんです。

 

毎日ネガティブなことは少なからずとも起こって来ます。うまくことを成す人は、ここにもチャンスがある!と考えるものです。

 

ただ周りの景色も環境も変わらないとそう考えられなく憂いに取り憑かれてしまう。

 

そうなった状態ではすべての物事もネガティブにとらえるようになってしまう。


f:id:eternalmarriage:20200108092349j:image

これが物事がうまく行かない原因なんです。

思考を切り替えるのには強制的に環境を変えることが1番早いんじゃないかなと考えます。

 

エンジニア人材の採用をキャンセルする。

これを今の日本の人材状況だったらあり得るのか?

 

中小企業が大卒人材を確保することがどれほど難易度が高いか。

 

逆に考えると、これは人種や国に大しての差別行為をしているということに成りかねません。


f:id:eternalmarriage:20200108092411j:image

しかし、まだまだ外国人について理解が少ないということは、理解される社会が来れば、どんどん入っていくってことです。

 

それは好むも好まざるも選択できるものではなく新しい社会が生まれてくると言うことなんです。

 

ちなみにFace bookの広告ポリシーにもこれはハッキリと謳われています。

 

だから"ベトナム人材"や"ベトナム国際結婚"などのキーワードは使えなくなっています。

良くも悪くもです。

今回の渡航で、ベトナムの大学との産学連携企画を組んできました。

 

ベトナム旧正月の習慣なので通常運営されています。


f:id:eternalmarriage:20200108092426j:image

みなさんの力に安心して繋げられる仕組みを作り2020年のグローバリーぜーションの良い風に乗れるようにチャンスと捉え今年は頑張ろうとスタートを切りたいと思います。

 

 

ベトナムの会社は社内イベント好き!お祝いを積極的にすれば業績が上がる!

f:id:eternalmarriage:20200105112809j:plain

”三谷さん今日はタイビンへ向かいますよ!”

”どこですか?なにがあるんですか?”

”今日はうちの社員の子供が生まれて一か月目のお祝いにスタッフを連れて実家へ向かいます!”

ということでハノイから西南へ車で2時間ほどのThaiBinhへと向かいました。

ベトナム自己実現MASAです。

ベトナムでの習慣で経営者は社員の誕生日、結婚式、などなど

お祝いイベントを必ず大切にして社員みんなでお祝いをします。

クリスマスやお正月なども含めて社内イベントのお祝いはマストなんです。

日本では今はほぼ行われなくなりましたね。

 

セクハラ、パワハラモラハラ、などなど

規制ばかりが多くなってきましたよね。

ルールにないから、マイノリティーの意見を尊重しないから、、、

など。

MASAが新入社員だったころはそんな規制も規則もなくて

もっと社員同士が自由で楽しかったイメージがあります。

仕事が厳しかったのですが、会社は楽しかった思い出があります。

20数年たった今でも当時の人たちと交流があります。

 

マイノリティーに対してはMASAはあまり反応しません。

平準化を保とうとすると、本当に尖って大切にするべきものを見失います。

 

つまり経営は、大きな船で大海原へ航海しているようなもの。

乗組員ひとりひとりの意見を聞いても船長が意思をブラしていては、座標を見失ったり、海賊に襲われたり、座礁する原因になります。

 

今の日本の中小企業は船長教育がなされていないまま航海し、ガチガチのレールの上だけに乗っている船の様です。

 

ベトナムの企業風土は厳しくも、お祝いをすることで個を尊重し社員ひとりひとりに目を配りモチベーションを高めることが標準化されています。

 

プライバシーを大切にするあまりモチベーションを高めようとする空気が無くなってしまう日本人だけの職場、それが今の殺伐とした雰囲気を作っている原因です。

 

日本人の個々の能力やモチベーションは高いと思いますが。

やはり何のために集結して企業として活動を行っていくのか?

 

それを考えると点となる個を繋ぎ線と成し、立体的な力を構築していくことが企業には必要だと考えるんです。

 

日本企業にもグローバルな空気を入れ込みやる気に漲る社風をつくる!

MASAはそんなサポートを心がけています。

f:id:eternalmarriage:20200105112824j:plain

ハノイから車で2時間ほどの街タイビン。

f:id:eternalmarriage:20200105112838j:plain

ベトナム人のモチベーションは家族を大切にするところから来ています。

 

 

 

冬のラオカイ国際観光都市Sapaは寒かった!


f:id:eternalmarriage:20191230220830j:image

ベトナムにも雪が降る地域がある。

それが"Sapa"

100年以上も昔ベトナムがまだフランスの植民地だった頃、あまりのベトナムの暑さから逃れようと避暑地として開拓された街"Sapa"

今回は仕事の仲間たちと年末と言うことでドライブ旅行を計画してみた。

ベトナム自己実現masaです。

f:id:eternalmarriage:20191230220108j:image

12月の年末、日本も冬へと突入して寒さがどんどん厳しくなるころ。

そんな日本を脱出だ!

ベトナム側人材業務のチームメンバーが旅行計画したと言っていたので今回の渡航は楽しみにしていた。

"今回はどこ行くの?"

"三谷さん今回はサパだよ!"

・・・

 

なんで寒い日本を脱出してきたのにまた寒いところへ!?

 

 

 

まあまあ折角企画してくれたので出発!

ホーチミンハノイ、東京、名古屋とバラバラな所在のメンバーだけど遊びに行く時は意気投合。

サパへは行ったことあったけども、車で行くのは初めて。荷物を詰め込んでGo!!

用意してくれたのは7人乗りのVIP車
f:id:eternalmarriage:20191230220146j:image

観光地サパのあるラオカイ省は中国との国境の街なんです。


f:id:eternalmarriage:20191230220227j:image

ハノイから西北に向かって約6時間

何もない高速道路をひたすら進んで行く。


f:id:eternalmarriage:20191230220250j:image

ベトナムにも高速道路のトンネルがある。

トンネルを抜けてローカルに出ると、そこはのどかなベトナムだった。

水牛を引いて道を歩いてきたり、
f:id:eternalmarriage:20191230220317j:image

車で行くと、バスや電車では見られない風景がたくさんある。


サパにつくと寒さで霧の街だった。
f:id:eternalmarriage:20191230220426j:image

夜は年末のイベントで、花火大会で賑わってる。
f:id:eternalmarriage:20191231153957j:image

ヨーロッパ調な町並みはロマンティックな雰囲気が。
f:id:eternalmarriage:20191230220446j:image

朝起きるとこんな感じ。

山頂にあるテーマパーク"SunWorld"へのモノレール駅になっているデパート、
f:id:eternalmarriage:20191230220509j:image

なぜか、刺し身の舟盛り。これは日本しかない文化だと思うけど。
f:id:eternalmarriage:20191230220539j:image


ベトナム料理といえば鍋
f:id:eternalmarriage:20191230222713j:image

今回泊まったホテルはサパラグジュアリーホテル。日本での山荘ヒュッテのようなホテルだった。アットホームなゆったりした感じ。
f:id:eternalmarriage:20191230222820j:image


f:id:eternalmarriage:20191230222856j:image

ホテルの前の町並み
f:id:eternalmarriage:20191230222919j:image

朝からはサパの村巡り。

京都のように、ここては貸民族衣装がたくさんあり、着飾って観光するのが定番。
f:id:eternalmarriage:20191230222958j:image

華やかな感じで女性はテンション上がりまくりです。
f:id:eternalmarriage:20191230223030j:image

いろいろな色やアクセサリー。
f:id:eternalmarriage:20191230223058j:image


まあ、そういうのは若者に任せて

普通にまわることに。
f:id:eternalmarriage:20191230223559j:image

少数民族タイ族、言葉は違うらしいがベトナム語も通じる。
f:id:eternalmarriage:20191230223626j:image

川が多いので橋も多い。
f:id:eternalmarriage:20191230223653j:image

吊り橋効果はあるんどろうか?
f:id:eternalmarriage:20191230223718j:image

本当に観光客が多い。

嵐山のようにも感じる
f:id:eternalmarriage:20191230223829j:image

バエルスポットがたくさんあり撮影も順番待ち。ベトナム人は自分の写真が好きだからな〜
f:id:eternalmarriage:20191230223918j:image

どんどん登っていく。
f:id:eternalmarriage:20191230224019j:image


f:id:eternalmarriage:20191230224126j:image

ミニ劇場があって民族音楽で賑わっている。


f:id:eternalmarriage:20191230224214j:image


f:id:eternalmarriage:20191230224244j:image

頂上付近まで来るとロケーションが素晴らしい。
f:id:eternalmarriage:20191230224314j:image

パノラマ風景
f:id:eternalmarriage:20191230224406j:image

湖もあり、自然と町並みが調和されている。
f:id:eternalmarriage:20191230224339j:image

オシャレなホテルもたくさんあります。


f:id:eternalmarriage:20191230224429j:image


サパ市の区長さんたちと会食。

サパは中国との貿易の重要拠点であったり観光資源もあり農業資源などラオカイ全体は経済的に潤っているため有能な人たちが配置されるエリアだった。
f:id:eternalmarriage:20191231151356j:image
ベトナムにもあるホルモン鍋、日本とは味が違うけど美味しい!

f:id:eternalmarriage:20191230224527j:image

サパの中央エリアは坪200万以上と日本の大都会並。

f:id:eternalmarriage:20191231152244j:image

 

これが傑作に美味い栗あんパイ包み!


f:id:eternalmarriage:20191231152327j:image

ベトナムの高速道路には日本みたいにたくさんのサービスエリアかない。
f:id:eternalmarriage:20191230224746j:image

中に入ってみると普通な感じ、お土産、フードコート、なと。違うのがトイレが有料ということ。5000vndなので20円くらい。


f:id:eternalmarriage:20191230224833j:image

帰りにお土産を買ってサバドライブは終了、運転のvinh さんお疲れ様でした。

この間日本人と思われるのは3人確認しただけ。もっとベトナムを旅しましょう。

 

なぜ人材不足の会社はいつも不足しているのか?

「Go home!」

人手が足りないと言う相談に訪問した企業で、こんな言葉が飛び交ってた。

困惑した顔をした外国から来ている若者たちがそこにいた。


f:id:eternalmarriage:20191226072630j:image

なにを考え、どう感じているのか?

彼らの心の動きは見えない。

ベトナム自己実現masaです。

未曾有の人材不足時代に突入して、厚労省も打ち出した「働き方改革

人手不足で喘いでいる中小企業経営者の首をますます締める法改正、スタートした2019年。

 

どこから、どこまでがハラスメントなのか?

わかってない中小企業の経営者は少くない。

ただでさえ人材が足りないのに法改正のことまで気がまわらない。

 

腕利きの社労士がいなければ、やはりそこは無法地帯になる。

つまりブラックの横行が野放しになる。

その現場を良く見かける。

 

Go home

 

この言葉は、その中でも最も強力なキラーワードだ。

日本の企業で働く外国人たちの多くが月収の20〜30倍の借金をして日本の産業の源になるために海を超えてきている。

 

その彼らが一番嫌う言葉だ。

 

それが「Go home」

 

それは、彼らにとってすべてを失うことを意味する。

 

家族の期待を背負って、無理な借金をして日本に来ている彼ら。

 

途中で返されること。

それは借金が返せない状態で国に帰えされると僅かな資産の田んぼや畑、家まで取られてしまうということ。

 

何回も言われているキラーワード、耳に入ると彼らの表情から笑顔は失われていく。

 

経営者から嫌われれば彼らと家族の生きるすべが無くなる。

 

経営者は仕事を厳しく指導しているつもりだけど、彼らのモチベーションはネガティブになってしまう。

 

これがもし日本人の従業員に対してならどう言って指導するんだろう。

 

「クビにするぞ!借金の肩に全部取られて家族は露頭にさまようぞ!」

 

こんな感じだろう。

こんなことを言われて会社の発展のために頑張ろう!というスタッフはいないだろう。

 

パワハラという言葉も理解しない、来たばかりの外国人たち、毎日この言葉を浴びせさせられていたらどうなるだろう。

 

ただ外国人スタッフを社員に迎えいれることが企業のグローバル化じゃない。

 

行動や言葉だけでは外国人差別の意識は変わらない。

 

たくさんの企業の現場を見てきたからわかる。

なぜ、逃亡や不正、不良が起こるのか。

「現象には必ず原因がある」

ドラマガリレオの中で物理学者の湯川学の名台詞

 

大好きな言葉だ。

 

60人もの外国人を10年抱えていても不正や逃亡が"0"という企業もある。

 

なるべくしてなる、起こるべくしてことは起こる。

 

外国人材を入れること。

これを学びとして受け入れる企業だけが次の未来のステージに進められる。

 

なぜ、外国人材を採用するのか。

 

それは企業の”進化"のチャンスだからです。

2019年最後の交流会は満員御礼の感謝で締まりました。

f:id:eternalmarriage:20191223010228j:image

先週から行っていたベトナムもXmasでいっぱいだった。

今週帰ってくると日本も変わらずピークだった。ベトナムも日本も同時多発的なイベントで盛り上がれる国になっていた。

ベトナム自己実現masaです。

でもやっぱり日本の冬は寒い。

ベトナムは常夏だと思われがちだけど。北部は冬がある。1月は大体12〜3℃まで落ちる。

それでも日本よりは随分暖かいが。

寒い日本ではもう、盛り上がっていくしかない。


f:id:eternalmarriage:20191223012822j:image

 

今回で29回目となったXin chaoベトナム交流会。名古屋東別院のSakuraCafeでいつもの開催。


f:id:eternalmarriage:20191223012954j:image

 

振り返るとここでの出会いは数多い。

今年は新しい命も授かった人もいる。

いったんベトナムへ帰ってまた日本に来て参加してくれた人もいる。

もうファミリーな感じがしている。

とても居心地が良く、新しい人も馴染んでくれている。

なぜ?

masaはこんなに毎回毎回交流会をやっているのか?

それは、今までに受けてきた恩恵に対する感謝の気持ちでいっぱいだから。

ここで出会ったことで助けられたことは数多い。

もちろん助けたこともあったと思うし助けられた人も多いと思う。

日本とベトナムと力を合わせると人生観が大きく変わる。

それを少しでも多くの人に感じてもらえればと感謝の心でやっている。

また、そういう人がどんどん仲間になっていくのがとても楽しい!

人は繋がるとどんどん繋がっていく。

去る人もいるけど、繋がっているご縁を大切にしたいから。


f:id:eternalmarriage:20191223012858j:image

 

来年はますます、進化していくXin chaoベトナム交流会。

関わる人たちを丸ごと幸せに変えていく交流会にするべく策がザクザクと目白押しです。

ぜひ、引き続き参加してくださいね!

ベトナムへ行きたい人は特に!


f:id:eternalmarriage:20191223010538j:image