ベトナム自己実現DreamComeTrue 

ベトナム人材専門家が勧めるベトナムパワーの活用・人材の相談のことなら

外国人受け入れ企業とは

今週は5人のエンジニアが来日する!

そう期待を膨らましていた。

新型コロナウィルスにビビってみんな来てくれるんかな、と心配をヨソに空港から送り出すとベトナム側日本語センターの代表からの連絡があった。僕の奥さんからだ。
f:id:eternalmarriage:20200315073113j:image

ベトナム自己実現MASAてす。

コロナショックから始まったリーマンショック2と言われる史上最大バブル崩壊がやってきた。

 

コロナの前からそれは投資家の人が予測していたけど、いざくると想像のとんでもなく外の世界だった。そう感じる人も多いと思います。


f:id:eternalmarriage:20200315073140j:image

https://twitter.com/masa_viet/status/1245410197020880896?s=19

 

新型コロナウィルスで備えなければいけない人材のこと

新型コロナウィルスでルミナス破綻!

神戸のイルミネーション観光船の”ルミナス”が破綻

ベトナム自己実現MASAです。

神戸ルミナスといえば、関西地区でのデートスポットの定番だった。

最近まではインバウンドの定番コースとなっていた船です。

僕も昔はどうやってここへデートに誘うか?

なんてことをよく考えていたなと思いだしました。

f:id:eternalmarriage:20200304093632j:plain
そんな中、温泉旅館であるクライアントのところへ行ってみると。

”休館”

湾を見渡せるロケーションが抜群な温泉旅館

”どうしてですか?”

と聞いてみると。

3月上旬までの団体、個人の予約はすべてキャンセルになったとのこと。

 

恐るべし新型コロナウィルスの影響は僕の想像をはるかに超えていた・・・

 

ベトナムでは学校を早々と全校休校に踏み切っている。

僕も2月はハノイの大学をまわる予定だったんてすが、回れず、校外での商談のみでした。

人口9500万人中感染者は10数名とそこまでやる必要があるのか?と思うけど。

そこは野党のいない国は動きが早い。

 

厳しいのが観光業やイベント業などは新型コロナウィルスが終息するまで体力勝負。

 

待つしか他に打つ手がない。。。

 

ただし、この新型コロナウィルス騒動があけると、同時に大量なインバウンド需要が息を吹き返す。

 

Saasの時も大体半年くらいだったから。

この冬の間をどう乗り切り春の準備をするかにかかっている。

ベトナム人材もそのためにも準備すると言ってもらえました。

彼女たちも安心して日本に来てほしいと思う。4カ国語を操るスーパーガールたちは春から日本で活躍してくれるだろう。


f:id:eternalmarriage:20200304225701j:image

 

政府発表のニュースでは。

ウィルスへ気をつけないといけない場所としてライブハウスを上げていた。

大阪のライブハウスでコロナウィルス感染者が出たと発表されたから。

 

確かにライブハウスはウィルスが感染しやすい条件をたくさん満たしている。

・密室

・長時間滞留

・人との接触頻度など。

 

しかしライブハウスは、毎日の集客勝負な商売なのでお客が途切れたら首が締まる。

 

テレビの報道は良かれとやっているけど

全国のライブハウスはたまったもんじゃない。

 

みんなもっと冷静に情報をとらないと自分たちの首を締めることになる。

 

トイレットペーパーを買いあさりに行ったり

情報に振り回され疲弊するだけ。

 

大事なものを失うというリスクを身近に感じ、真実を知ることが自分たちを守るということを知ってほしい。

 

誰を信じるのか?

 

これからの生き方を快適なものにするかどうかはそこにかかっている。

 

春からの日本は経済的にもとてもダメージを受けたスタートになる。

 

しかし、コロナウィルスで学べたこと。

一人一人が本当のことを知ること。

世間の情報に流されてはいけないと教えてくれたことが大きな学びだろう。

 

苦難福門

 

大きなチャンスをつかめる時です。

 

 

空調設備へ!ベトナム人材が有効!


f:id:eternalmarriage:20200226072814j:image

「求人をかけても全然来ない!」

よく聞く業界のひとつ。

空調設備工事。

需要はめちゃくちゃたくさんあって安定性も高く、技術、知識が必要なので、一度身につけると食いっぱぐれがない仕事。

ベトナム自己実現MASAです。

僕も学生のころ、親から。

「手に職をつけなさい!」

とよく言われたもんでした。

 

その理想的な環境である、メンテナン工事の仕事。

 

今は本当に不人気の仕事のひとつになっている。

 

それは、今の日本での消費欲の減退とスマホへの依存じゃないかなと思う。

 

なんでもあるから何にも欲しくない。

 

何時でも買えるから、今は買わない。

 

そんな消費動向の変化からマーケティングは巧妙に進化してきた。

AIを使った行動心理の分析で自分で自覚していない次の消費までも予測されてしまう。

それに反するように消費欲の減退が進んでいく。

 

一般的な"モノ"は売れないけど、今ある設備のメンテナンス需要は恐ろしくある。

 

いわいる、儲かる商売で大量消費をする時代には人材も集まっていたそうだ。

 

ガツガツしない時代がキタ!

 

それと同時に起こる人材問題。

 

複合的に客観的に見ると、どうすればいいか見えてくる。

 

その答えは、海外人材採用。

 

日本語が得意な日本にいる留学生もいる。

 

採用コンサルティングはまず、人材からも信用されなけれぱいけない。

 

経営者の自己欲のために採用するような企業はお断りしている。

 

今はそんな時代じゃない。

 

力になる人材を海外から採用する時代がやってきた。

ベトナムの車事情!恐ろしく進展するハノイの車両整備の視察


f:id:eternalmarriage:20200223204526j:image

ベトナムではモータリゼーションがバブル的膨らんできている。もうすでに街中には各社新型車が走っている。

空港内も車の広告だらけで本当に多い。

サイネージで流れてるのは新型SUVのものばかり。

 

日本と違うのは、まだハイブリッドカーやEVが走っていないこと。

 

ベトナム自己実現MASAです。

 

ベトナムの大学で人気が出てきている学部。

それは車両整備メンテナンスの学部。

機械好きなのはベトナム人気質、その先端の車に関わる仕事が人気が出てきている。

そんなわけでハノイ市内にある韓国のKIA自動車の整備工場を視察に来ました。

 

最近のKIAのクオリティはグンと上がってきて日本車と比べても遜色がなくなってきている。

大型車のメンテナンスと修理をしているハノイの中心部にある工場へ来てみると。

 

見て感じたことは、日本の修理工場メンテナンスのレベルはかなり高いな〜と。

やっぱり日本と比べるとベトナムの工場はまだ何世代か前の状態。

f:id:eternalmarriage:20200223204645j:image

きれいで整頓された工場


f:id:eternalmarriage:20200223204654j:image

トラックの販売店でもある。

Thacoってメーカー名ではなくて、ディーラーブランド名だった。


f:id:eternalmarriage:20200223204703j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204714j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204728j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204737j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204747j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204755j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204806j:image

ベトナムではリユース部品が全然使われていなく、全て新品でメンテナンスか行われている。

日本は研磨技術とかが優れていて、リユース部品を使うことでメンテナンスコストを下げている。

そもそもベトナムは人件費が安いので、そこまで改善が進んでない。

 

バスも手で洗った方が洗車機入れるよりも安いから。

 


f:id:eternalmarriage:20200226064303j:image
f:id:eternalmarriage:20200226064316j:image


今回は中国コロナウィルスの影響が大きく全国の大学が休校だった

ハノイ工業大学車両整備学部の学部長ケムさんとカフェで対談。

和気あいあいと大学の歴史と今後の学校のあり方を話してくれました。


f:id:eternalmarriage:20200223204832j:image

日本への人材への話をすると、快く話を聞いてくれて、今後の提携の話ができました。


f:id:eternalmarriage:20200223204842j:image
f:id:eternalmarriage:20200223204849j:image




ベトナム!交通事故だけは気をつけて


f:id:eternalmarriage:20200207091822j:image

"ベトナムは治安がいいですよ!"

といつも初めて行く人たちには話をしています。

でも、一つだけ気をつけないといけないことがあります。

 

それは交通事故。

 

先日、奥さんのお父さんが家の前で交通事故にあい亡くなられてしまいました。

 

まだ62歳。

とても優しく強いお父さんでした。

 

でも、ベトナムの交通事情はとても危険にさらされている。

 

いくら強くても交通事故にはかなわない。

 

子供たちをあまり外へ出さないのは、事故に合わないため。

ベトナムでも交通ルールは一応あるが、またちゃんと守る人は少ない。

 

道路の逆走、走行車線からの追い抜き、信号無視、乗車人数オーバー、一旦停止無視、指示器を出さない、飲酒、、、

 

日本だと数え切れないのルール違反車が日常に走っている。

 

今、ベトナムでもとても注目されていることは事故をどうやって防止するか。

 

人の意識を変えることは大変だし時間がかかる。

ベトナムは自国だけではなく、日本の未来も支えてくれる。

 

ベトナムの子供たちの笑顔を絶やさない方法を考えていかないと、日本の未来も明るくならない。


f:id:eternalmarriage:20200207091907j:image


f:id:eternalmarriage:20200207092224j:image


f:id:eternalmarriage:20200207092130j:image