ベトナム自己実現DreamComeTrue 

AICAグループCEOのブログ

日本にいるベトナム女子たちが選ぶ化粧品とは?

コスメの取り扱い会社からテイスティングの依頼が来た!

ベトナムで販売したい!”という声かけをいただき、それなら弊社にいる日本にいるベトナム女子スタッフで試せばすぐわかります!

と提案して決まったテイスティングのミーティング。


f:id:eternalmarriage:20220702153201j:image

三重3名、東京2名のベトナム女子スタッフに参加してもらいました。

日本の新鋭化粧品メーカーの”Revi”のお取り扱い会社。

ヒト幹細胞の化粧品の説明聞いて理解できるのかと。

僕も正直理解できないないようなのに。

まずは使ってみるべしで、説明に聞き入っていました。

youtu.be

使い始めると、言葉を超えた肌感でザクザクと意見を言い始める。


f:id:eternalmarriage:20220702153536j:image

画面に釘付けで使い方に注目


f:id:eternalmarriage:20220702153632j:image

どんなことでも理解しようとする姿勢がすごいなといつも感心します


f:id:eternalmarriage:20220702153759j:image

 

 

ベトナムフェスティバル安城!VYSA tokai


f:id:eternalmarriage:20220201111238j:image

ベトナムくん🇻🇳との再会!

4年前くらいかな

僕の主催のXin chaoベトナム交流会に何回かゲストで来てもらっていたベトナムくん。

 

当時はまだYoutubeも駆け出しだったけれど今やTOPYoutuber。

 

日々コツコツと進化していると

何年か立つと大きな違いを生み出す。

そんなことを見せてくれた大スターのベトナムくん

 

諦めず、自分の道を信じて進む。

簡単なことの様に思えて

途方も無いプレッシャーに打ち勝ってかないといけない。

VYSA Tokaiベトナム学生青年協会主催のお正月企画イベント。

安城市で行われたイベント。

なんとなく大学の文化祭的な感じで楽しめた。

コロナで集客は大変だったと思う。

でもこれも

諦めずに腐らずに楽しんでやっていった結果

だと思う。

ベトナムはまだまだ進化する伸びしろたっぷりだと実感できた。
f:id:eternalmarriage:20220201111314j:image
f:id:eternalmarriage:20220201111257j:image


f:id:eternalmarriage:20220201111328j:image


f:id:eternalmarriage:20220201111343j:image


f:id:eternalmarriage:20220201111407j:image


f:id:eternalmarriage:20220201111438j:image

2022年躍進から社会へ捧げる年に!

2021年は激動の変化の波の1年でした。

憂き目にあった人、劇的にチャンスを掴んだ人。

同じように過ごしていても結果が大きく違う。

 

ボーッとして何もしないことがいかにリスクが高いか

そう感じさせられる年でもありました。

 

24時間ジムが大ブレイクしたことでブームになった

#筋トレ女子

建設現場や大型トラック運転手にギャルが大量に登場して

流行ったキーワードは

#現場女子

 

これまでの過去とは全く違う社会への転換

これからの全く違う価値観へ

変化が無理くりにも起こってきた1年でした。

 

Tiktokやライバーか起爆剤になってアピール力の強い女子パワー

恐ろしい規模になってきた。

6000万総女子時代がやってきた。

女性がイニシアチブを握る社会へ変化した。

 

コロナショックで女性の価値が男性を上回って

意外な形で社会の原動力として入れ替わった

パラダイムシフトでした。

その中では今までの存在の人たちは

ご隠居になってもらうしかない。

 

【プライベート少林寺拳法

15年ぶりに昇段を目指して再活動START

新しい道場への移籍

変わらない仲間と共にできるというのは当たり前じゃなく有り難いこと。

精神的にも成長できる機会を活用していきたい。

 

【新会社の設立】

この1年は3社の会社の立ち上げに関わりすべての代表になった。

1つ目は

外国人専門人材紹介会社

自分のメインの人材会社には有料職業紹介事業の許可を取得。

台湾人1名、ベトナム人3名、日本人2名のスタッフが増えた。

まだマーケティングはほとんどやっていない。

そんな中でも紹介だけで多数人材採用の要望をいただいた。

2つ目は

東京での外国人募集、在留資格管理の会社

日本に住む外国人の大半が関東圏にいる。そこからの情報アクセスの拠点として。

たくさんの留学生や転職希望の実習生、エンジニアの情報タンク活動します。

3つ目は

リサイクル自転車とバイクの販売

日本に住む外国人の多くは車の免許を持っていない。その交通手段としての電動アシスト自転車とミニバイクのリサイクル販売会社。

 

新しいチャンネルにも挑戦することができた。

海外人材について幅広く深く知識と経験が積み重なってきたことで、人材会社や監理団体の専門エージェントからの相談と依頼が増えた。

 

業務が増えてきたことで法人設立で分散させ

それぞれのパートナーとの体制を構築できた。

今年はスタッフと共に成長を目標としている。

 

【沖縄支店の開設】

人知れずに目標としていた沖縄支店

出会いの繋がりで業務を受ける話がきて支店の開設へと進んだ。

●観光グローバル人材

●インバウンド観光

●レンタルサイクル事業

全く繋がりもなくゆかりもない土地でした。

しかし大きなご縁をいただき

3つのビジネスモデルの事業計画が採用された

それぞれがクロスオーバーする展開は

新しい試みのということで提案が採用された。

GRITMANの持ち味は

企業の売上と業績を上げるマーケティングコンサルと人材紹介。

今まで蓄積してきた知識と経験をフル活用して沖縄事業にかけます。

沖縄には産業がないなと勝手に侮っていた。

いやいやところがドッコイ。

沖縄の発展は恐らく伸び率は日本一になると思う。

自社でリサーチをかけた結果。

それは沖縄の地の利が今のタイミングに乗っかり急上昇する。

しかも何年間にも及んで。

詳しくは個別に聞いてくださいね。

物凄いポテンシャルを持っていることに気がついて。

 

こりゃ行くっきゃないでしょ!

と思い立ったら即行動した次第です。

ということで沖縄支店の開設に至りました。

 

【国際化】

しばらくベトナムに行けない間に繋がりが増えてきた。

台湾、ウクライナ、ネパール、インドネシアと人の繋がりがてきそれぞれがクロスオーバーしてきた。

日本ファンの国がチェーンの様にどんどん繋がっていく。

まだ殆どの人がそれに気がついていないが、確実にしかも物凄いスピードで進んでいる。

 

GRITMANはHUBとして地域から世界へと繋げていく唯一無二の存在を2022年目指します。

 

【GRITMAN株式会社】

外国人人材募集、紹介、採用、研修、教育。

少子化、省力化が進んでいくと、技術を持った人材が全然足りなくなってくる。

企業の在り方が変わる中、多国籍化は避けては通れない。

企業への人材マッチングは日本人とは観点が全て違う。

その外国人雇用のスペシャリストとしてのポジションを確立すべく、オンラインとICT管理、人材情報企業としての取り組みを更に進めていきます。

 

海外の大学、短期大学とのオンライン授業の受託があり、日本グローバリズム教育の発信を進展させていきます。

そのために

常に知識と経験と行動する勇気をアップデートさせていきます。

 

【今年の目標】

でき次第アップしていきます。

今年のGRITMANのスローガンは

「勇気と責任と行動」

たくさんの出会いとご縁に感謝して

皆様の幸せへの火種として情熱を注いでいきたい所存です。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


f:id:eternalmarriage:20220101145407j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人が買い漁る!新しい中古マーケットが出来上がる


f:id:eternalmarriage:20211017075841j:image

今週末は街の賑わいが戻ってきなと感じさせるような人手てした。

 

ベトナム青年留学生協会のバトミントン大会も終わり集まりとイベントも復旧してきた。!


緊急事態宣言が解除された地方では時短営業も解除されて遅くまでやってるお店が多くなってきました


このまま急速に回復したらいいなと願うばかりです


それとともに求人採用の動きが急激に増えてきました。


問い合わせや相談も増えてきて思われるようになってきたなと感じてます。


ただ市場は大きく変化しているなと感じるんです。


より高いものが売れそして新品が売れる


それが地方の動きなんですが東京の方で出張に行った時感じたのはリサイクルショップがとても増えているということです


新品の消費が増えれば中古品の需要も増える。


そして面白いのは中古品の需要は外国人が増えてきているということ。


中古住宅や中古マンションの販売について日本人はなかなか手を出しにくいが外国人は物件を探すのに積極的。


コロナで変わったことは日本にそのまま住み続ける外国人が増えてきているということ。


そうすると不動産屋中古車市場が賑わってくる。


僕が共同経営で参加しているベトナム人オーナー会社も不動産の物件探し屋中古車販売中古バイク販売の会社を立ち上げ新しい事務所も用意して年内にスタートしようとしている。


かなりニッチな需要だけれども日本人もこれをみすみす逃すのはもったいない。


アフターコロナでは外国人のニーズに応えるマーケットを狙っていくっていうのはとても有効だと思います。


そしてそこには母国語外国人スタッフがいることが必須です。


不動産会社や EC サイト上の会社に有能な外国人スタッフを紹介しましたが、俄然やる気になって活躍してようやく日の目を見ることになります。


大きく変わる


なにから始めますか?

ギャーナ人⁉日本の多文化が今後の社会を救うのか?

f:id:eternalmarriage:20210812104725j:plain

ギャーナ人⁉日本の多文化が今後の社会を救うのか?
 
友達から在留資格について相談したいと
ご夫婦を紹介されました。
 
ん、背が高い、色が黒い、、、
 
均整のとれたアスリート体系
 
「どこの国ですか?」
 
と思わず聞いてしまいました。
 
「ガーナからきました」
 
ギャーナ⁉
 
名古屋弁でいうところの
 
どこにあるんですか??
 
と、アフリカの中西部の国
 
英語は公用語で流ちょうな言葉
 
話すととてもfriendly
 
すごくおしゃれでカッコイイ
 
47歳ということでしたが
 
日本の47歳と比べると同世代だけに
 
あり得ないスタイルかなと。
 
日本人は世界の人種の
ちょうど真ん中
 
白人、黄色、黒人
 
肌の色で差別があるなら
 
アジア内では差別はないと思いきや
それもある
 
日本の不条理としては、アメリカ、ヨーロッパなどの
白人系は上とみて、そのほかを下に見る傾向がある。
 
文化が違う人が集まる国が混乱しているかというと
 
日本以外がほぼそうであって
それが原因で混乱しているわけではない。
 
 
つまり、多文化共生は可能であって
民族の存続や文化の継承
経済の発展には欠かせない!
 
ということになります。
 
あとは
 
どうやって融合していくか
受け入れる側の意識も変えていく必要がある。
 
コロナで更に進んだ壁の崩壊
 
今動けないのは
 
準備のための期間だと思いませんか?