ベトナム自己実現DreamComeTrue

ベトナムと関わり幸せな人生を実現させる

日本で働く外国人!そんな言葉もなくなって日本人の働き方も変わる!

f:id:eternalmarriage:20181028143246j:plain

「外国人を会社に入れるのにはスタッフの理解がいるからね」そんな言葉も数年後には「そんなことも言ってたね」となる日が近い!

ベトナム自己実現MASA(@masa_viet)です。

headlines.yahoo.co.jp

こんなことです

安倍晋三首相も声を上げて外国人就労者増やすぞ!

と言っている。

ベトナム自己実現MASAの仕事何してるの?

知らない人が多いと思います。

ベトナム人材の紹介事業をやってるんです。

詳しくはこちらから

今取り上げられているのは、法改正をやってまで本腰入れるぞっ!というところなんです。

例えば・・・

法務省の入国管理局を出入国在留管理庁に格上げ!

とか

就労目的の在留資格を新設(特定活動ビザ、農業、建設、造船、介護、ホテル観光の5つ)

など

2025年問題に向けて急ピッチで舵を切らなきゃいけないという思いを感じられる。

だからと言って、誰でも彼でもないよ!という建前が残ります。

つまり新在留資格「特定技能」は誰でも取れるわけではない
「農業」「建設」「介護」「ホテル観光(宿泊)」「造船」

人手不足解消のための新在留資格「特定技能」取得には

「特定技能1号」「特定技能2号」という試験に合格する必要がある。

ジャンル別だと

  • 建設は2025年までに30万人以上
  • ホテル観光は2030年までに85,000人以上
  • 農業は2023年までに10万人
  • 造船は2025年までに21,000人
  • 介護は毎年10,000人

これだけで足りるの?と疑問も残りますが、

当面2025年問題への外国人人材の導入のアプローチの試みが行われる!ということ。

追加で15業種を超える分野への在留資格新設が懇願されているということ。

 

日本語の問題、生活環境のインフラの問題など、同時に抱える問題も多い。外国人を受け入れられる日本になるのか?鎖国環境のままで衰退していくのがいいのか?

 まとめ

いずれにしても、船長が舵を切ったのだから乗組員の僕たちは順応していかないといけない。

 

ネガティブに考えずに、共存して幸せな世界をシェアしていく環境作りをしていくことがMASAの使命だと思ってます!

 

viet.hatenablog.jp

Xin Chào ベトナム交流会 イベント案内

もし良ければシェアお願いします↓↓↓