ベトナム自己実現DreamComeTrue 

ベトナム人材専門家が勧めるベトナムパワーの活用・人材のご相談はお気軽にどうぞ

大手人材会社がこぞって海外人材市場へ入ってきた!

海外人材のうごき No.20190420

 
マーケティング会社が人材について仕掛けてきた。
当たり前の流れと言えば当たり前
そろそろ集まらない日本人に対しての求人広告市場の限界。
感じているからだろう。

f:id:eternalmarriage:20190421102837j:plain

 
先日、マイナビ名古屋支店の営業部長K氏とお会いしました。
同じ大学同じ学部出身。
ということでお話する話する機会をいただきました。
 
社員数1万人を誇るマイナビ、もともとは毎日新聞の求人広告部からの派生企業。
新聞マーケットがどんどん萎むと感じる今。
求人に特化するマーケティングを展開して業界のトップ企業に君臨するビックカンパニー。
 
その話の中で
 
「求人の流れは変わり続けている」
 
「絶対パイ数の少ない優秀な日本人新卒人材をとることに日本のトップ企業は多大なコストと労力を費やしている」
 
「今売上を上げている部門は人材紹介です」
 
「海外人材の応募は多数来ている」
 
 
しかし、圧倒的なメディアマーケティング力を持っているので
情報収集力は莫大!
 
なんでもできそうなんだけど、
 
ノウハウがたまっていないところにはまだ手を出せない。
 
こちらが持つ外国人定着支援サービス「定サポ」には興味をしめしていた。
 
ちょっと気になったので調べてみたら
 
今月から人材派遣の最大手パソナが始めている!!!
 
 
運営会社 「Gaol+ist」
 
プレスリリースマーケティングの実施
「改正入管法」 で増加する外国籍人材の受入・定着をトータルサポート 
パソナ『外国籍人材定着支援サービス』 4月提供開始
 
最大手が始めたら後はなし崩しに始まるだろう。
商品のマーケット理論の定番通りに。
 
これはいち早くキーワードを狙って打っていく必要がある。
 
更に調べていくとWEBメディア企業が海外人材マーケティングを仕掛けている。
日本のメディアのスピードと目敏さは世界一級といつも感じる。
 
マーケティングは日本人の文化と言ってもいいのではと思う。
 
jopus Career 外国人材紹介サービスを開始
opusBiz 外国人と働くメディアを運営している
どんなことをやっている会社なのか?
HRog 求人広告会社をターゲットとした求人リスト販売専門サイト
Hrog 求人キュレーションサイト
 
令和が始まるこの5月
在留資格”特定技能”もスタートした。
 
大手が本格的に参入してきて本格的に
海外人材争奪戦争が始まるだろう。
 
立ち向かっていかなくては。

 

 

人気ブログランキングへ←愛の応援クリックお願いしますm--m

LINE@ 友達に追加してくださいね↓↓

人手不足じゃないですか?ぜひ見てみてください↓↓↓

viet.hatenablog.jp

ベトナムと繋がると人生豊かになれる

 

ベトナム進出が気になったら

こちら↓↓↓

ベトナムFCコンサルティングはどんなサービスが見てみる

 ハノイでビジネスするときいつもここに泊まります↓↓↓

www.booking.com

メルマガ限定でディープな情報を配信しています!登録お願いします
↓ ↓  ↓ ↓ 

ベトナム行くときは必ずGlobalWifiを借りていきます!