ベトナム自己実現DreamComeTrue 

ベトナム人材専門家が勧めるベトナムパワーの活用・人材のご相談はお気軽にどうぞ

ベトナムロンアン省幻のピンクドラゴンフルーツに逢いに行く!

f:id:eternalmarriage:20190521130345j:image

日本ではあまり馴染みがないフルーツ、ドラゴンフルーツ。

 

ベトナム語で”Thang long” タンロン

ベトナムの南部が世界的にも有名な産地。

南部の町ロンアン省の郊外に視察に来ました。

 

ベトナム自己実現MASAです

 

f:id:eternalmarriage:20190522151458j:plain

 

 

ベトナムは中部より南の地域は亜熱帯特有の一年中夏しかないので

この機構が美味しさを作るんです。

 

ベトナム実習生の未来の姿!ドラゴンフルーツ農場で大成功!

f:id:eternalmarriage:20190522150710j:plain

南部の街ホーチミンからバスをチャーターしてロンアン省へ3時間揺られやってきました。


日本から参加4名の視察団で幻のドラゴンフルーツ農場へ視察に行ってきました。

そこには何ヘクタールあるかわからないほど広大なドラゴンフルーツ農場がありました。

迎えてくれたのはその農園地帯の主格のNhiさん。

”いらっしゃいませ!”

と流ちょうな日本語で出向いてくれました!

”なぜ???”

こんな離れた町にも日本語!??

実はNhiさんは10年前に日本へ来たことがあり

研修生として3年間工場で働いたということでした。

 

農場は今でこそ200名以上の従業員を抱えるフルーツ会社として運営していますが、もともとは何もなかった土地だと。

 

f:id:eternalmarriage:20190522150636j:plain

日本で働いて貯めたお金をもとに農器具を購入して農場を始めたそうです。

そして8年後は大農場のオーナーに!

 

f:id:eternalmarriage:20190522150605j:plain

 

ロンアン省の幻のピンクドラゴンフルーツ!

ベトナムロンアン省は大ぶりの糖度の高い美味しいピンク実のドラゴンフルーツがとれます。

それが分かっていても資金がない、Nhiさんそこから日本で働くと決心したそうです。

 

幻のドラゴンフルーツと言われるのは、そこで取れるものは殆どが中国やアメリカへ高級フルーツとして出荷されベトナム国内にはあまり流通していないからです。

 

食べてみると、、、

f:id:eternalmarriage:20190522150727j:plain

 

”美味しい!こんな甘いフルーツだったんだ!”と視察団のみなさんの歓喜の声

農場の皆さんとも食事会をしてとても盛り上がった視察になりました。

 

f:id:eternalmarriage:20190522125309j:plain

 大きさも日本で販売している物の3~5倍の大きさ

f:id:eternalmarriage:20190522151612j:plain

東海地区のスーパーからも”ぜひ販売したい”と声をいただいている果物

日本枠を農場に作っていただいてPB化、ブランディング、キラーアイテムとして紹介をさせていただくことになりそうです。

 

f:id:eternalmarriage:20190522150938j:plain

作業はひとつづつ手作業で丁寧に選別して箱入れしていきます。

ここの農場の特徴はみなさんとにかく楽しそうに仕事をしています。

ドラゴンフルーツラッシュは地域を明るく活性化していきます。

 

youtu.be

新しい作業場では快適に仕事をしています。

 

f:id:eternalmarriage:20190522151021j:plain

 

技能実習生についてはニュースでいろいろと騒がれていますが

ベトナムで夢をかなえるきっかけになっている姿を見て感動しました。

 

人気ブログランキングへ←愛の応援クリックお願いしますm--m

LINE@ 友達に追加してくださいね↓↓

人材に困っていないですか?ぜひ見てみてください↓↓↓

viet.hatenablog.jp

ベトナムと繋がると人生豊かになれる

 ベトナム人材採用支援JobVietable

ベトナム進出が気になったら

こちら↓↓↓

ベトナムFCコンサルティングはどんなサービスが見てみる

 ハノイでビジネスするときいつもここに泊まります↓↓↓

www.booking.com

メルマガ限定でディープな情報を配信しています!登録お願いします
↓ ↓  ↓ ↓ 

ベトナム行くときは必ずGlobalWifiを借りていきます!